×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PRESTIGE戦いの歴史

2005年7月17日
  同人サークル「PRESTIGE」を結成。
   ・雪人 ・みね ・ダヴィー ・真偽 ・灰雷都
  以下5人のメンバーで、PRESTIGEの歴史は刻まれ始める。
2005年8月1日
  みね、雪人の提案により、無料本の配布が決定。
2005年8月6日
  雪人、10月16日川越こみっくサラダへの出店を提案。
2005年8月8日
  灰雷都の無料本掲載漫画用シナリオ完成。
  雪人に手渡される
2005年8月18日日
  灰雷都、こみっくサラダ用のシナリオを提示。
  没案となる
2005年8月21日
  灰雷都、PRESTIGE脱退。
  本人から理由は明かされていない。
2005年9月1日
  今は亡き灰雷都シナリオによる無料本「PRESTIGE」を配布。
   見事なまでの批判を受ける
2005年9月5日
  灰雷都の脱退により活力を失った雪人は
  こみっくサラダへの出店停止を提案。
2005年9月26日
  みねの一言により、10月16日の川越こみっくサラダへの出場を再決意。
2005年9月28日
  こみっくサラダ出店本「生命の詩」完成
2005年10月13日
  PRESTIGEに新メンバー加入の案が浮上
2005年10月16日 
  PRESTIGE本当の出発点である
  川越こみっくサラダに参戦
   見事に惨敗する。売り上げ部数1冊
   しかしこれを糧に、真偽、雪人、みね(売り子をしていた3人)
   結束が生まれる。
2005年10月18日
  今のままではPRESTIGEに未来は無いと判断
  雪人・ダヴィーのタッグによる、
   「雪人イラスト改革プロジェクト」始動。
2005年10月29日
  HPのトップデザインを一新。新たな出発を目指す。

  それぞれの気持ちはバラバラのまま・・・・・・。
2005年11月5日
  雪人、PRESTIGE二回目のイベントのための本、制作開始。
2005年12月1日
  みね、私生活多難の理由で、PRESTIGEの活動を休止状態にする。
2005年12月2日
  新たな出発のため雪人、ゲーム制作案と原案を提示。
2005年12月24日
 ゲーム制作の足掛けとして「指輪」のゲーム化計画浮上
2006年1月2日
  HPのサーバー移転
  PRESTIGE新HP作成
2006年1月15日
 みねが正式にPRESTIGE脱退を表明。
2006年3月31日  PRESTIGE計画を実行
2006年7月17日
 同人サークルPRESTIGE開設一周年。
 未だサークルとしての進展見られず。
2006年8月
 この時期より、PRESTIGEは停滞期に入った。
2007年2月10日
 半年間の空白を明け、新たな企画
 真偽の連載小説「北斗の麺」連載開始
2007年2月17日
 雪人の提案に応じ、みねがラジオパーソナリティとして復帰。
 雪人、みねによる新企画。
 PRESTIGEラジオの放送が開始される
2007年3月
 真偽の連載小説「北斗の麺」が、作者の意思により打ち切り。
2007年3月
 ダヴィー、真偽と、次々と活動停止をはじめ、PRESTIGEは  サークルとしての存在を危ぶまれる。
2007年4月
 雪人、オリジナルゲーム「あの街の夜想曲」の制作を単独で開始
2007年5月
 PRESTIGEラジオは無事1クールの放送を終えた。
2007年7月17日
 PRESTIGE開設2周年。
 この時の活動メンバーは雪人独りだった。
2007年8月
 新たなメンバーを加え、PRESTIGEはサークルとして活動を再開する。
2007年8月12日
 メンバーの親交を深めるため、PREUTIGEは3泊4日の旅行を行った。
 この旅行の成果な少なからず見られたと言えよう。
 また、同時期。
2007年9月
 新しいメンバーでの処女作「りんごとみかん」の制作を開始。
 この時の制作チームは新メンバー二人を含む3人編成だった。 2007年10月
 コンシューマーゲーム「りんごとみかん」が完成(非公開)
 これがPRESTIGE初のゲーム完成作品となる。
2007年10月
 同人イベント「来ないと死刑だから」に出店が決定。
 同人ゲームの制作に入る事となる。
 4人編成の制作チーム、わずか一ヶ月間でゲームを完成させようと言うある意味  挑戦のような戦いが行われた。
2007年11月3日
 同人イベント「来ないと死刑だから」当日
 結果は良好。
 しかし内容は悲惨なものだった。
 この時の作品を糧にし、PRESTIGEは新たな地へと向かう。
2008年
 新年にあたり、PRESTIGEは新たなプロジェクトを立ち上げる。
 本格的に、オリジナルゲーム「あの街の夜想曲」の制作を開始するのであった。
 プロジェクトのメンバーは
 雪人
 龍鳳
 Delgui
 ヨシポン
 以上の4名だ。
 時を同じくして、好評を期したPRESTIGEラジオの放送を再開。
 今回は2クールの放送を予定している。
2008年2月
 オリジナルゲーム「あの街の夜想曲」の制作にあたって、実力不足を感じ、
 新たなタイトルの制作へと移るPRESTIGE。
 制作予定など立てず、それぞれの実力向上をめざしPRESTIGEは活動を開始した。
 このプロジェクト内で、雪人は、龍鳳へ指揮権を映した。
 自発的な行動を期待してのことだろう。
2008年3月
 第二期PRESTIGEラジオの放送を終了。
 2クールを予定していたが、1期と同じ1クールの放送となる。
 なお、予定変更の理由は明らかとなっていない。
2008年4月
 決まっていたSC39へと出店。
 この時は、雪人のオリジナル本のみの販売であった。
2008年5月
 雪人は新たなHP DREAM RIDER を立ち上げる。
 PRESTIGEの活動とは別に、雪人個人の実力でどこまで出来るのか、
 限界への挑戦をしたかったと語る。
 なお、それに伴い、雪人は新しいプロジェクトを立ち上げた。
 今はまだ、チームや内容を全く明かしていない状態だが、
 このプロジェクトがPRESTIGEをどう変えるのか、楽しみで仕方がない。
2008年5月
 この時期に、PRESTIGE内で真偽の失踪が囁かれる。
 しばらくの間、全く連絡が取れない状況が続いているのだ。
 メンバーの一部からは、事故にあったのではとの声も出ており、
 安否の確認が求められている。
 この時のメンバーは、休止メンバーを含めて
 冬咲 雪人
 病葉 真偽
 満寺 龍鳳
 よしぽん
 Delgui
 以上の5名だ
2008年6月27日
 PRESTIGEらじお特別版の放送
 ついに開始となった特別版、今回は一度限りと言う事だが
 今後、人気や気分によって連続放送となる可能性もある。
2008年7月17日
 PRESTIGE結成から丸3年の月日が流れた。
 ここに来てPRESTIGEはある決断を下そうとしていた。
 近じか発表があることだろう。
2008年7月18日
 雪人はメンバーを集め、ある発言をする。
 本日を持って、現メンバーでのPRESTIGEを解散すると言ったのである。
 今後しばらくは、単独での制作を開始すると言う。
 メンバーには、続けるのであれば具体的な形を提示してほしいと言う事だ。
 なお真偽については、連絡が取れないため保留としている。
 
2008年7月19日
 新たなスタートを記念し、PRESTIGEの新たなロゴを作成。
2008年7月29日
 PRESTIGEらじお特別版2配信
2008年11月07日
 PRESTIGEラジオ新シリーズPRESTIGERA DIO MAX01公開

2009年1月03日
 雪人の解散発言から早半年
 PRESTIGEに新しい風が吹いた。
 ついにあの男が帰ってきた、PRESTIGEメインプログラマー
 「龍鳳」
 彼が単独で仕上げたオリジナルゲームを持って、雪人の前に姿を現した。
 PRESTIGEに復帰を果たした龍鳳は、再び活躍してくれる事だろう。
 これによりPRESTIGEは、失踪中の真偽を含め三人となった。
2009年2月22日
 雪人、DREAMRIDERとしてイベント「奥東京JP3」に出店。
 出張版PRESTIGEラジオin奥東京JP@DREAMRIDER配布
2009年3月15日
 イベント「同人誌市場」に出店
 出張版PRESTIGEラジオin同人誌市場配布
2009年4月
 新メンバーを加え、PRESTIGE はオリジナルゲームの作成を開始する。
 雪人、龍鳳に、新メンバー信長、いずみを加えた4人での作業となる。
2009年4月12日
 サンシャインクリエイション43が情報漏えいのため中止になる。
2009年6月21日
 第一回東方崇敬祭に「DREAM RIDER」出展BR> 2009年9月
 一年半、音信不通真だった偽助がついに帰還!
 自分探しの旅をしに、西日本極限一人旅に出ていたという。
2009年9月23日
 サンシャインクリエイション45に出展。
 オリジナルゲーム「青い空の下で」の体験版を配布
2015年11月01日
 PRESTIGE結成10週年。雪人新たなスタートの年と考え構想を立てる
 夢PROJECTと題し、活動を一元化する計画を始動した。
 まだどんな形になるかわからないが、何かを残したいと語る。
 PRESTIGE新たな1年目が始まるのであった。